活動記録

梅津ようせいの、これまでの記者会見、声明文をこちらのコーナーに掲載しました。
日々の活動の記録も綴っておりますので、梅津ようせいをより身近かに感じていただけましたら幸いです。

山形市長選への御礼とお詫びのご挨拶

山形市長選への御礼とお詫びのご挨拶

今回の山形市長選で私、梅津ようせいは、残念ながら当選を勝ち取ることはできませんでした。
私、梅津ようせいを支援して下さった全ての皆様、梅津ようせいに山形市長を託したいと投票していただいた54,596人の皆様の貴重な一票に心からの感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。

これだけ多くの市民の皆様のご支持を頂けたことを、本当にありがたく思っております。
それだけに、私に託していただいた市民の皆様の温かい心に応えることができなかったことは、本当に残念でなりません。ひとえに私の力不足の結果であったと感じており、心よりお詫びを申し上げます。

地方創生の波の中で、山形が山形らしく、平和の価値を重んじ、自立した地域として地に足のついた歩みを続けていかなければならない、その「オール山形」の志は決して間違ってはいなかったと今でも確信しています。

5月末の出馬表明からこの3カ月余りの短い間、私なりに全力でふるさと山形のために「自分は何ができるのか」、「何をすべきなのか」を考え、走り続けて参りました。
今は、少しだけ落ち着いて考える時間を持ちたいと思っております。

その中で、ご指導、ご支援をいただいている諸先輩方、仲間にもご相談しながら、自分自身が果たすべきこれからの役割は何かについて、考えるつもりです。

佐藤孝弘さんには、今後の市長としての御活躍を一市民として祈念いたします。


これまでも、これからも、私のふるさと山形を思う心、平和で安心・安全な、確かな社会を実現したいという気持ちは変わりません。
その志を遂げるべく、引き続きふるさと山形を思いながら、研鑽を積んで参りたいと思っております。
皆様、本当にありがとうございました。

2015年9月13日
梅津ようせい

最後のお訴え

最後のお訴え

山形市長候補の「梅津ようせい」です。選挙戦は最終日でした。私は、「オール山形」というテーマの下、生まれも育ちも関係ない、山形を愛する一人ひとり、全ての方々の知恵と力で、自立したまちづくりを進めることを訴えてきました。

私たちの山形市には「力」があります。豊かな自然、美味しい農産物、地域の絆、そして学ぶことが大好きな素晴らしい若者たちなどなど。こういった故郷の持つ素晴らしさ、強みをもう一度見つめ直し、市政を前進させたい。その思いで私はこの選挙戦を戦ってきました。

中央政界では、これまで憲法違反としてきたものを法案化し、既に憲法違反の疑いが極めて濃厚になっているにもかかわらず、強行採決をしようとしています。権力の暴走を抑えるためにある憲法がないがしろにされ、権力者が都合良く権力を行使しようとしている。そのような政治の流れは何としても止め、変えなければなりません。

地方自治についても同じことが言えます。地方に対して上から目線で、中央政府に頼るだけの姿勢では、地域の課題を解決できません。今の首長には、国と地方に関わる制度や法律を熟知し、地域の知恵を集め、中央に提案をしていく政策提案力が求められているのです。

私は中央省庁の行政マンとして20年(防衛省に18年、外務省に2年)、さらに農水大臣秘書官としても経験を積み(1年6か月)、行政書士として地域の経済活動に、また防災士として地域の防災啓発活動にも自活して携わってきました。この経験は、山形市のリーダーとして、必ずお役に立てさせていただけると思います。

そしてまた、安心して子供を産み、育て、学び、働き、幸せに年齢を重ねることができる街を、市民の力で形作りたい。平和で豊かな日本を次の世代に引き継ぎたい。そのことについてもお訴えしました。その共通する思いを梅津ようせいに託していただきたく思います。

私は、子育て施策の強化のため、市長退職金の返上を公約に加えています。リーダーの率先の行動こそが行政組織を大きく動かし、「子育てするなら山形市」のまちづくりを実現する原動力だと思うからです。

また、誰もが元気に生き生きと健康に「幸せに年齢を重ねる」高齢社会を目指し、グラウンドゴルフ場の整備など「健康寿命」を延ばすための政策も訴えてきました。モンテディオ山形のサッカー専用競技場の山形市への建設についても同様であり、老若男女、「オール山形」で誰もが安心して生き生き暮らせるまちづくりを目指したいという思いからです。

激しく、厳しい戦いの中で、党派を超えた沢山の山形を愛する市民の皆様に支えて頂き、大激励をいただきながら、「あと一歩」の大激戦というところまで来ました。本当にありがたい。しかし、最後の勝利に至るには、皆様の「あと一押し」のご支援が必要です。
明日の投票日は是非とも、皆様お誘い合わせの上、投票所に足を運んで頂きたく思います。中央の指示や一人の政治家の力でではなく、「市民の手」で創り上げる市政を実現するため、ふるさとを愛し、平和を思う山形の「心」を全国に示すべく、最後のもう一押しの皆様のお力を賜りますようお願いいたします。

2015年9月12日
梅津ようせい

感謝と御礼にかえて

11038869_968737036523895_1842322179948789069_n感謝と御礼にかえて(マイク納めのご挨拶から)

皆さん、おばんでございます。

選挙戦、最後の日。
今日も一日、市民の皆様方にご挨拶をして参りました。

ご近所の皆様、そして事務所の皆様。
この一週間、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

ご近所の皆様には大変、お騒がせを致しました。
車の出入り、あるいはこの選挙カーの音量、本当に皆様方にご迷惑をお掛けしたと思っております。ご近所の皆様、ありがとうございました。

そして事務所の皆様には、私が5月30日に立候補の表明を致しましてから、お一人おひとり、汗をかきかき、そしてまた、いろんな議論をしていただきながら、梅津ようせいを押し上げていただくために、どうしたら良いのかと、本当に梅津ようせいのことを思ってくれて、そしてこの選挙を進めてきてくれたことに、本当にありがとうございましたと感謝を申し上げさせていただきます。

この選挙戦で、私はいくつかの事についてお訴えしましたが、やはり私は、このふるさと・山形市を、もっともっと良いようにしていきたい。そしてまた、このふるさとを愛するがゆえに、ほか誰か一人の政治家で左右されるような、そんな市長であってはならない。そしてまた、私はこの山形市で住まう、すべての方々、「オール山形」でこの山形を良くしていきたい。その思いで戦いを進めて参りました。

本当に今日は、その(「オール山形」の)輪が広がっている。
そのことを感じながら一日、遊説をして参りました。

本当に皆様方から、手を振っていただくだけでなく、家からたくさんの方が出てきてくださって、そして「ようせい、ようせい、がんばれ!」と言っていただく。
本当に心強い、心強いお言葉の数々でございました。

この選挙を通じまして、しっかりとこの山形が更に発展する。
その道を、私、梅津ようせいがリーダーとなって、山形市長となって、切り拓いていかなければいけない。その想いを新たにしたわけでございます。

私自身、この戦いを進めるにあたって、本当に、そうした皆様方お一人おひとりの市民の皆様がたのお声、そして力に支えられてきた。その事を思いながら、本日一日、さらに私、梅津ようせいを知っていただきたい。その思いでこの選車に乗りながら、活動を進めてきたわけでございます。

その結果は、明日。
明日、市民の皆様方が、お一人おひとり判断いただいて、そして、この山形から、地域の声を中央に伝える。
そういった意義のある選挙であると私は思っておりますので、その形ができるように、明日も最後の最後まで、私自身、緊張感をもって戦いを進めていきたい。

そしてまた、その事について、皆様方にもお力添えを賜りたい。
その事をお願い申し上げさせていただきまして、またこれまで、この一週間、皆様方が寝食を削って、私梅津ようせいのために働いていただきましたことを、戦っていただきましたことを、ともに前進していただきましたことを、心から改めて感謝申し上げまして、私梅津ようせいからの御礼とさせていただきます。

梅津ようせい、明日もまた、よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました!

2015年9月12日
梅津ようせい
12006288_968737196523879_7817691505330271534_n

選挙戦4日目

9月9日、

選挙戦4日目ハイライト

「いつでも即戦力!梅津ようせいより、選挙戦終盤戦に向け決意心新たに!」

選挙戦4日目、今日は「重陽の節句」。最大の陽数「9」が九重におめでたいとされ長寿と繁栄を祈願する日と言われる9月9日の朝です。
また「菊の節句」「栗の節句」とも言われ、山形でもこの時期、栗ご飯や菊のお浸しなどを食べます。
前の晩は、秋らしい栗ご飯をいただきました。

選挙戦で市内各地を回っていると、稲も色づき稲穂も垂れすっかり秋らしい、美しい山形の田園風景が広がっています。
八重九重に、ご支援の輪を広げていただけるように。
今日も一日、オール山形で、頑張ります。

さて、本日も街頭演説に個人演説会と山形全域を駆け巡ります。
なじみの「オール山形」号にも1号車は私が、2号車には小林節先生が搭乗。
山形市内を走りまわりオール山形の想いをお訴えいたします。
街頭演説では蔵王の麓で生まれ育った想いを訴え回らせて頂きました。
蔵王温泉では横殴りの雨の中での街頭演説でしたが、たくさんの方に集まっていただきました。
お立ち寄りいただいた皆さま、本当にありがとうございます。

蔵王温泉は私梅津ようせいが、この戦いへ出馬を表明した場所でもあります。
当時の想いはいまも変わりません、むしろ日増しに強くなっています。
https://www.umetsuyosei.jp/884

そして、自然災害は、24時間待ったなしです!防災士として危機管理を日夜心がけているため。選挙戦の最中ですが、日中から台風18号の影響で風、雨が激しく、災害が起こるのではと気が気ではない一日でした。

特に昨年、氾濫の警戒警報が出た須川についてはとても気になって、選挙活動中ですが近くの状況を何度も見に行きました。
やはり山形市長になるということは、県都25万人の生命と、財産、安全、暮らしを守るのが職責であり使命だと日夜、心に刻み選挙活動をしております。いつでも即戦力として皆様のために働ける気概を持ち、私のこれまで培った行政マン20年の危機管理のプロとして即戦力でのぞむ心構えはいつでも、私にはあります。

須川は、今すぐ氾濫するような状況ではなかったのですが、その後、山形道が通行止めになったり、本日は山形新幹線が止まったようです。
深夜になって雨が小降りになったり、激しくなったりと不安定ですが、河川のみならず全般的に警戒に怠りなきよう気をつけていきたいと思います。
皆様にも十分に警戒方よろしくお願い致します。

そしてこれから迎える選挙戦5日目。

「やっぱりオール山形!!総決起大会」が10日、18時半から山形ビッグウィングで開催されます。
天気予報によると10日も一日中雨が予想されますが、一人でも多くの方にお集まり頂けると幸いです。

選挙戦も、残り3日の終盤戦に突入します!まさに、この一瞬、一瞬が天下分け目の戦いであり天王山と思いながら、オール山形に懸ける想いを、ぜひ皆さんと一丸となって分かち合い、未来の山形を一緒に作っていきたい!

この終盤戦も、どうか梅津ようせいに対するご支援の輪をさらにさらに皆様のお力で、押し上げていただけたら幸いです。心からのお願いにかえて。
終盤戦の決意とさせていただきます!

2015年9月9日
梅津ようせい拝

フォトギャラリーが300枚突破!!

オール山形フォトギャラリーに記念すべき300番目の写真がアップされました。

5月30日からの活動記録を、フォト動画にUPしたのでぜひ、ご覧ください!

明日も、オール山形でがんばろう!





11982574_1661990747355386_1 11992516_840824526013652_87 11993950_1661990754022052_1

1 / 512345