活動記録

梅津ようせいの、これまでの記者会見、声明文をこちらのコーナーに掲載しました。
日々の活動の記録も綴っておりますので、梅津ようせいをより身近かに感じていただけましたら幸いです。

選挙戦3日目

9月8日、

選挙戦3日目ハイライト

皆さん、こんにちは。梅津ようせいです。選挙戦3日目は、朝礼の挨拶回りをして「オール山形」号で遊説です。

山形市の天気は、曇り。
初日夕方、昨夕は雨でした。昨日も雨の中、沢山の方が演説会場へお越しくださりました。

2日目は、小林節先生はもう一台の街宣車両のオール山形2号で遊説、街頭演説でお訴えしていただきました。

そして夕方以降は、個人演説会へ。個人演説会のスケジュールは公式ホームページやフェイスブックでもご覧いただけますので、お近くの方は何卒、お買い物帰りや、お仕事帰りにお気軽にお立ち寄り頂けると幸いです。

今回の選挙戦は、全国的に注目を集めるたいへん熾烈な大激戦の戦いです。しかし、そうした中にもいくつもの喜びがあります。

まず一番目に大学時代の恩師が、東京から山形に足を運んで応援してくださったこと。恩師だけではありません。
沢山のオール山形の仲間たちが、入れ替わり立ち代わり地元山形のみならず、全国から山形へ訪れて下さる。

そして、ネット選挙解禁によりインターネットを通じても沢山の皆さんが全国から大応援してくださいます。

引き続き、この選挙戦を通して皆様にふるさと山形の魅力や風景、香りを感じて頂きたいと思います。

また、日々何よりも嬉しく励みとなるのは、雨の中でも私のお訴えに、街頭で足を止めて下さったり、個人演説会に足を運んでくださる沢山の皆様がいらっしゃることです。本当にありがたい事だと思います。

たとえ、わずかな時間でも、そこには皆様お一人おひとりの時間が流れています。私の想いを聞いて頂くのに「人生の一部を費やして下さった」そういっても過言ではありません。その事を、私、梅津ようせいは心に刻んでおります。皆様、本当にありがとうございます。

さて、この日の活動の中で最も印象的だったことがあります。
夕方からの街頭、清住町のヤマザワ前でのこと。未来の有権者(=子どもたち)である可愛いらしい皆様が演説を聴いてくれました。

「あっ!ポスターで見たお兄ちゃんと、おじさんだ!」と、私と小林節先生の話にジッと耳を傾け拍手喝采を送ってくれました。なんと、演説最後には、サインを求められました!

そんな嬉しいハプニングとともに、もしもこの子たちがこの先10年、そして20年後と成長していったとき、私たちはどんな山形市を未来世代に残せるだろうか?そして託せるだろうか?と身が引き締まりました。

先人たちが守り、育み、そして繋いできた山形市を守り、そしてそのタスキを継承してゆく。

梅津ようせいは、皆さんとどんな山形市をつくって行きたいのか?
ホームページにも、基本政策を掲げてあります。また、10日夕方には決起大会を開催いたします。

是非ともご覧いただき、街頭で、そして演説会場で、ご意見をお聞かせください。

https://www.umetsuyosei.jp/seisaku

選挙戦もいよいよ中盤戦です。
引き続き全力で、未来の山形にかける想いをオール山形で、お届けして参ります。

2015年9月8日
梅津ようせい 拝